チェインソーを使えばいいことに気がつく


5年くらい前から電線の邪魔になりだした、
樹齢かれこれ30年以上はあると思われる伐りたい木が家の敷地内にあります。

親に頼んでも一向に植木屋に頼んできてくれる様子がないので、
自分で伐ろうと思うのですが、幹の直径が30センチ近くもあるので、
ノコギリとナタを使って伐るのは大変そうだと思いました。

梯子をかけて木の上から3分の1くらいのところからカットするのが理想で、
根元から完全に切り倒すことは考えていません。

しかし梯子では不安定なので足場を組むことを考えました。
建築現場で使っているような足場を組みたいので、また建築資材屋へいき
借りてこなければなりません。
植木屋に頼むと1万円くらいかかると聞いていたのですが、
いつの間にか4、5万円かかるという話しになっていたので、どうしてなのかと聞くと
木が大きくて作業が難しくなるので、という当たり前のことを言っていました。

早く伐ってしまわないと、毎年毎年、費用がかさんでいきかねないので、
これは何とかせねばと思っていました。
素人でも一人で楽に伐る方法はないかと、考えていたのですが、ありました。

チェインソーを使えば簡単だという事に気ずいたのです。
そのチェンソーですが1万円以下で購入できるということなので、
一気に目の前の霧がはれたような気がしています。

レンタルするより買ったほうがいいと思ったのは言うまでもありません。
安全装置付きなので、まず失敗して怪我などすることはないと思います。